痛みの少ない永久脱毛

脱毛の施術を受ける時、痛みがあるかないかは大きなポイントになります。永久脱毛法の中には全身の施術を受けるのは現実的ではないという位に痛みの強い方法もありますし、痛みというよりは温かみを感じる程度という方法もあります。永久脱毛法の中でもっとも痛みが少ないのは光脱毛です。サロンによってIPL脱毛、プラズマ脱毛、フラッシュ脱毛などといった呼ばれ方をされていますが、どれも同じような仕組みですし、受ける刺激にも大差ありません。

施術を受ける人の痛みの感じ方、行う部位などによっても違ってはきますが、慣れてくると温かみを感じる程度という人も少なくありません。一番最初の施術の際にはもっとも強い刺激を感じることになりますが、それも軽い刺激であって気にならないレベルです。その程度の刺激なら全身の施術を受けるのも苦になりませんので、光脱毛は全身脱毛の方法としても選ばれることが多くなっています。光脱毛よりもやや強い痛みを感じるのがレーザー脱毛です。

照射出力がやや強いので、その分痛みも強くなります。ただし、少ない回数で施術は終了しますので、短期間で終了したい人には向いています。どの程度の痛みかはお試し照射で体験することができますので、まずは耐えられるレベルかどうかを確かめることが大切です。永久脱毛の中でももっとも痛みが強いのは、ニードル脱毛です。

毛穴に特殊な針を刺して微弱な電流を流す方法であり、痛みの強さから施術を途中で断念してしまう人もいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です