Skip to content

寒さ対策には作業服の上に着る防寒着

仕事としての作業は、季節を問わず行わなければなりません。できれば夏は涼しく冬は暖かいところで作業したいものですが、屋外や広い倉庫の中などでは、その願いは届きません。エアコンのない場所やきかないような広い場所では、作業服と自分自身で調節していかなければならないのです。特に寒い季節は、身体の動きが鈍るため、通常よりも危険が伴うものです。

動きやすくて軽量な作業服や防寒着の存在は欠かせません。作業服といってもいまやファッション化されていて、かっこいいものやシンプルでもおしゃれなものが増えています。防寒着もまたカッコよさを売りにしたものがたくさん販売されています。『仕事できるのだから』着心地の良い動きやすいものプラスおしゃれな作業服や防寒着にしたいものです。

一日中着用していても疲れないものがいちばん良いのですが、それがイコール『軽量』『動きやすい』『丈夫』『着心地が良い』などを兼ね備えたものなのです。特に防寒着は『防寒』のほかに、『防風』や『防水』の機能が欲しいものです。極寒の地でなければ、それほど厚みがなくても風を通さないだけで暖かさを維持することも可能です。防水については表面の加工であるため、ほとんどの素材について加工することができます。

多少厚みを持っていても、素材と軽さと動きやすさで、着心地のよい防寒着と言えます。作業服や防寒服を必要とする仕事はたくさんありますが、仕事内容に合ったデザインで、動きやすさを確認し、仕事の効率化を図りましょう。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です