Skip to content

寒い季節には作業服プラス防寒着で暖かく

作業服に必要なのは、いちばんに『動きやすさ』ですが、寒い季節は防寒着がなければ身体が動きません。防寒着を着ると動きにくそうなイメージがありますが、身体を暖めることで動きやすくします。気温の違いや仕事の内容によって、防寒・極防寒・防水などの機能性に加え動きやすさが求められます。作業服の種類も豊富ですが、防寒着もそれぞれの職業別にデザインされたものが多いため、必要な動きに合わせて作られています。

動きやすさとともに求められるのが『カッコよさ』や『軽さ』です。そもそも重い防寒着は動きにくく、一日着用していると疲れてしまいます。軽量で温かく動きやすい、また防水機能を備えてなおかつカッコいい、というのが理想的ではありますが、色によって安全を確保できるものもあります。ほかに『着心地のよさ』『丈夫さ』も大切な条件です。

それだけでも疲れ度合いが違うため、素材の使い方を研究して作られている防寒着を選ぶことも重要です。着用する人の環境に合わせ、安全に仕事ができる防寒服は、仕事の効率アップを図ることにつながります。作業服だけで仕事ができる季節と違い、寒い季節はそれだけで身体の動きが鈍くなり危険が伴います。防寒服を着用しても、変わらない安全性を確保しましょう。

作業服やユニフォームを着ると『カッコよく見える人』がいますが、そのような人たちが社内の雰囲気を良い方向へ持って行くための重要な存在なのです。モチベーションを上げる、やる気がでる、仕事が楽しくなるといった良い連鎖です。作業服ひとつで会社もかわります。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です