Skip to content

補整下着は何故必要なのか

補整下着は年齢を重ねた人が着るものや体を無理やり締め付けるものというように考えている方が多いのではないでしょうか。女性の体は10代後半になるとほぼ大人の体型が完成した後、加齢で筋力が衰え消費されるはずのカロリーが脂肪として体に付いてしまったり、妊娠、出産を経験することでもバストサイズや骨盤が広がることによっても体型が変わってきます。この変わっていく体型を支えるのに必要なのが補整下着です。特に悩みが多くて通常の下着では整えるのが難しいお腹や背中を正しい位置で支えることで体型を美しく整えることが出来ます。

補整下着を選ぶ際に注意していただきたいのが体を必要以上に締め付けるようなもの選ばないということです。もしもそのような下着を選んでしまうと内臓が圧迫され胃酸が逆流して食道炎や胸やけを引き起こしたり、腸にガスや空気が溜まってお腹が膨れて洋服がきつくなったり、頻繁に尿意を催すことになったりしてしまうこともあります。また、症状がひどいものになると神経が圧迫され知覚異常性大腿神経痛を引き起こし痛みや痺れが生じる原因にもなったり、血管が締め付けられ、いわゆるエコノミークラス症候群のような血管の中に血栓が出来てしまったり、汗が閉じ込められて細菌が繁殖して皮膚炎になってしまったりすることもあります。補整下着は正しいものを選べばスタイルを綺麗に若々しく見せる最高の道具なるのですが、その努力を怠ると生活に支障が出てくるような症状が出てくるので注意が必要です。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です