Skip to content

印象を左右するシャツの選び方

普段何気なく着ているシャツも、きちんと自分の体型に合ったものを選ぶ事でよりよい印象へと高めてくれます。これからまた新しく購入を検討している時には、普段の購入の仕方を一度見直してみることもおすすめです。何はなくともサイズが合うかどうかは大切なことになりますので、一つずつポイントを考えていきましょう。サイズを合わせていくためには、首の周りと裄丈を考えていかなくてはいけません。

裄丈というのは、背縫いから袖口までの長さのことですが、これも長すぎても短すぎてもいけないので慎重に確認しましょう。首の周囲は測ってから指2本分ぐらいが丁度良いですが、タイトにしたいなら一本、ゆとりを持たせるなら3本という風に幅を取ってみて下さい。裄丈はクリーニングや洗濯をすることで縮むと考えて、2~4cm長めにしておきましょう。それから、着心地も左右するシャツの生地を見ていって下さい。

これに関してはかなり個人の好みが反映されますが、お手入れが楽な方がいいなら形態安定、イージータイプなど機能性があるものから探して下さい。夏場などに着用するものは、汗をよくかきますから吸水性が高いものなどを選ぶ方が快適です。意外に思うかもしれませんが、シャツの衿にもこだわりましょう。首が短いなら小さめの衿の方が良いですし、長いならその逆です。

バランスを良く見せるために、購入する前に試着をしたりする事も大切ですから、たまにはじっくりと選んでみて下さい。梅田駅の洋服お直しのことならこちら

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です