Skip to content

色々な種類があるシャツ

シャツには色々な種類があります。その中でも最も有名なのが、ティーシャツでしょう。これは、よく男性が下着として着る場合が多く、その多くは半そでです。しかしながら、極寒地に住んでいる方々にしてみれば、半そでは寒いので、長袖といった方々も多いと聞き及んでいます。

このティーシャツですが、多くは綿百パーセントで出来上がっています。しかし、綿花は自然なもので、色々と相場が変化するということも確かで、綿花ばかりを使用するのは危険だということも言われ続けていたようです。もし綿花が見直され始めれば、町中から綿製品が無くなってしまうといったことにもなりかねません。その理由として、わが国は綿花の生産量がほぼゼロだからです。

栽培に適した土壌や気候にないといったこと等が主な理由と言われます。この綿製品の不足気味の穴を埋めるべく登場したのが、化学繊維ということになります。この化学繊維、中でもポリエステルは素晴らしい素材で、スーツの裏生地にも使用されています。当然ですが、このポリエステルをほぼ百パーセント使用して作った下着もあります。

確かに洗濯しても乾きが早く、着こごちも悪くはないといった所ですが、体臭がそのままつきやすく、汚れやすいといった特徴も無視できない部分です。ただし、汚れは手もみ洗いで直ぐに取れますし、そうすると、特有の匂いも待ったくなくなるので、その部分については、ポリエステル製のティーシャツは最高でしょう。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です