Skip to content

Yシャツも下着ですから

シャツ、と言うと下着のイメージがあるのに、スーツを着るときにあわせるYシャツは下着ではない。と思いたいところですが、Yシャツも下着です。ですから、スーツの上着を脱ぐのは本当はタブーなんです。現在はカジュアルシャツが普及したりして、同じようなデザインのものが普段着で一番表に着られることもあります。

そのためか、下着と言うイメージはもうないのかも知れません。同じ意味から、スーツを着ている時は必ず、裾はパンツにイン、しましょう。これだけは譲ってはいけません。裾だししてOKなのは、カジュアルの場合だけ、しかもアウターとして作られているデザインのものに限ります。

よく見るとその違いがわかります。二つを並べて見てみましょう。まずは着丈がちがいます。アウトで着られるタイプのデザインでは、若干丈が短く、不用意にヒラヒラしないように、広がりをおさえてあります。

ゆとりをあえて控え、だらしなくならないようにしてあると思います。生地も違いが見られるでしょう。Yシャツはインナーですから、吸湿や肌触り、色味など、下着としての機能は外していません。アウターのものは、派手めな柄や色、素材も風合いも様々のものが見られます。

ファッションの歴史は、人間の暮らし方でコロコロと変遷を繰り返して来ました。それはこれからも続いていくと思います。つまり現在の着方が、将来どのように変化するかは、その時代になってみないとわからないのです。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です