テンプレ, 喪中はがき, 生活/暮らし

喪中はがきに活用できるテンプレ

喪中はがきは慣習的に出される物であるため、文体は決まっています。したがって、テンプレを使って作っても問題ありません。むしろ、きちんと慣習に乗っ取った物である方が社会常識があると判断されるので好都合です。市販の書籍にも、喪中はがきのテンプレが載っている本が売られています。

これは喪中はがき限定ではなく、冠婚葬祭の手紙の文例集となっているので、他の場合にも活用可能であるため、一冊家に備えおくのがおすすめです。ネットでも情報は入手することができますが、無料それらの情報は正確性の点で疑問が生じるケースがあり、間違ってしまえば恥をかいてしまうので注意しましょう。もちろん、ネットのテンプレもきちんとしたものもあるため、活用することは問題ではありません。問題なのはきちんとした文体なのかどうかなので、誰が書いているのか責任の所在が明らかな物をソースとするのが望ましいです。

監修者としてプロの使命が掲載されているのであれば、それは信用しても良いでしょう。ただし、自分でもおかしいところがないのか念入りに確認しておくことをおすすめします。はがきの印刷会社のサービスもおすすめです。代わりに印刷をしてくれるサービスですが、既に文体が決まっているので、見た目などのデザインを選んで氏名などを依頼者の名前にするだけなので手軽ですし、広く使われているので間違いが起こりにくいのが安心です。

ネットで依頼できる印刷会社もあります。喪中はがきのテンプレのことならこちら

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です